supple1.net
京アニのパクリ疑惑がガチっぽい…青葉容疑者から事情聴取
京都アニメーションの放火殺人事件で、14日に京都市内の病院に転院した青葉真司容疑者について、京都府警は勾留に耐えられるまで回復した段階で逮捕し、本格的な取り調べに入る方針だ。事情聴取で容疑をおおむね認めたとされる青葉容疑者。だが、動機などいまだ不可解な点も多い。 ~ 動機については「京アニに小説を盗まれた」と説明したという。 ただ、京アニ側はこれまで、小説などの公募には青葉容疑者と同姓同名の人物から応募があったことは認めているものの、「同一、類似の点はないと確信している」としている。 参照元:ヤフーニュース 名無しさん >「同一、類似の点はないと確信している」としている。 これは対象の作品がわかってる時に言えること。なんでこんな明言ができるのか。 マスコミ取材のためセキュリティ切っていた、応募はなかった。というデマといい、 逸失利益が1000億だからいまの寄付では足りないとかいう情報といい、 どうも経営陣は信用ならない。 名無し 「一切うちとは関わりありません応募も来てません」って断言してたのに 犯人の意識が回復して家から原稿が見つかった途端に「実は応募してました」ってアホか 名無しさん 取材のためセキュリティ解除していた→午前中は常に解除 データ全て損失→サーバー無事 小説の応募無し→応募していた 嘘ばっかじゃんwww 名無しさん 京アニ大賞はラノベ作家ワナビの間で前から評判悪かった 受賞作は一応、本になるが、普通の書店では売られず京アニショップやネットで売られる ほんでアニメ化する際は京アニ側が改変しまくる 作家や脚本家を発掘することが目的やなくてオリジナルが苦手な京アニがアニメ脚本のベースに使えるネタを集めるための賞なのは明らかやった そういう賞やから「受賞作以外の応募作からもネタパクっとるんちゃう?」という憶測は絶えなかった 名無しさん 京アニの1番の闇はまさにこの小説コンテストなんだわな これ詳しく調べられると、青葉とは別件で、良くない事が出てくる つまり受賞者の大半は、実は存在せず、京アニが著作権を得る目的で作られた架空の存在。 最悪のケースとしては、落選作からアイディアを拝借する場としても利用してた、可能性も考えられる 例: 『中二病でも恋がしたい!』原作者:虎虎 主な受賞歴