supe.biz
大津市の交通事故はなぜ起きた?園児の様態や容疑者の名前・顔写真とは?
本日5月8日午前10時15分ごろに、大津市大萱6丁目の交差点で車2台の衝突事故がありました。 事故現場は近江大橋東端から南に約300メートルの湖岸道路となっております。 なぜこのような悲惨な事故が起きてしまったのか。 現在分かっている被害状況や容疑者についてまとめてみました。 スポンサーリンク 大津市の交通事故はなぜ起きた? 警察の発表によると大津市大萱6丁目の交差点で、直進してきた軽乗用車と右折しようとした乗用車が接触し、そのはずみで軽乗用車が園児らがいる歩道に突っ込んだと発表しています。 つまり2台の車が交差点にてぶつかった挙句、歩道で信号待ちをしていた園児らの列に事故を起こした車1台が吹き飛ばされて突っ込んだ格好のようです。 直接歩道へ車が突っ込んだわけではありませんが、交差点で相手の車が見えなかったのか、吹き飛ばされるとなるとかなりのスピードが出ていたように思えます。 大津市の交通事故の被害状況や園児の様態について 現時点で判明しているのはレイモンド淡海保育園の2~3歳の保育園児ら13人とそれを引率していた保育士2人が病院に搬送されています。 しかもその内の4人が意識不明の重体と報道されていましたが、そのうち2人の園児が亡くなったことが新たに分かりました。 事故後に駆け付けた男性曰く 「事故現場の交差点では歩道上に軽乗用車が乗り上げ、 周囲で十数人の子供が泣き叫んだり、ぐったりしたりしていた。 出血している子もいた」 引用: かなりのスピードで歩道へ突っ込んだようで血を流している子供もいたようです。 すぐに病院に緊急搬送されていますが、まだ被害状況の全容は明らかにされていません。 大津市の交通事故の容疑者の名前・顔写真とは? 事故を起こした車を運転していたのはそれぞれ62歳と52歳の女性2人でありその場で現行犯逮捕されています。 逮捕されたのは、大津市一里山3丁目の無職、新立文子(52歳)と、同市若葉台の無職、下山真子(62歳)です。