sononezumi.com
《ゲーマーズ日記》e-Sports観戦で感じた熱気と興奮と感動!大衆スポーツ化への展望を見た⇒何故か?【考察】
eスポーツ盛り上げ隊!! まず始めに、これから書くことは個人的に感じた事とそうなって欲しいという願いを込めつつ、色々と自分なりに考察しながら書き綴ろうと思います。 断定的な言い回しを多用しますが、あくまで「個人的に思う事」だと留意し読み進めて頂ければ幸いです。 またこの記事を読んで、ゲームやe-Sportsに興味を持って頂けたら大変嬉しく思います。 『e-Sports』ゲーム好きな方であれば一度は耳にした事があるであるでしょう。 そうで無い人にも周知されつつあると感じる今日この頃。 既に観戦や参加(プロで無くとも)経験がある方も増えてきていると思います。 ですが、あくまで私個人の感覚値になりますがまだまだ大衆的とは言えないとも思います。 大衆的とは何なのか? そもそもe-Sportsとは何なのか? まずはその事について考えてみます。 e-Sportsとは? e-sports(イースポーツ)とは、electronic sports=エレクトロニックスポーツの略です。 エレクトロニック=電子という意味であるから、しばしば『電子競技』や『電子スポーツ』と訳され、e-Sportsはコンピュータゲームを競技やスポーツとして呼称する際に使われます。 スポーツにおける大衆的とは? 大衆的とは、一般庶民に親しまれ共感される性質をそなえている様だそう。 野球やサッカーの様に、ファンのみならず何の気なしにテレビをつけ(最近ではネット番組も多い)観戦し親しまれる事が大衆的なスポーツだと私は考えます。 個人的にフィギュアスケートに対して興味は薄いですが、浅田真央選手や羽生結弦選手といった日本の代表選手が様々なメディアに取り上げられ名を馳せていると、あまりそのスポーツのルールに詳しくなくてもついつい応援してしまう。 皆さんもそんな経験有りませんか? そんな"緩い感じの観戦や応援"のあり方を成し得て一般庶民に馴染んだ時、初めて大衆スポーツ化したと言えると私は考えました。 世界選手権をかけたPUBG日本大会(PJS) そもそも何故この記事を書こうと思ったのか、それは2019年4月6日に開催された PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG) というFPSのバトルロイヤルゲームの日本大会を観たからです。