shitsumonc.com
自分が成長することで、その姿を見て人が育つ。育てられる人になるには、相手を受け入れ、自分が器を広げる
講演録『何があったら人は育つのか?』Part3 「育つ」から「人を育てられる指導者の資質とは?」へ。終盤に語られたのは、相手への関わり方、自分の在り方についてでした。 2017年10月1日開催 しつもんカンファレンスin OKINAWA セッション5C ▼登壇者情報 スピーカー/ 山本 伸之 組織力&人間力向上型コンサルタント/講師。 小園 英昭 『コゾノ式良くなる人事組織研究所』主宰。和太鼓奏者。 鈴木 克彦 起業家育成の専門家 質問家/ 多賀 健 人を伸ばせる人の資質とは? 多賀:「育てる必要はない」というお話だったんですけど、ま実際、育つ環境が作れる人とか周りが伸びる人の要素って何なのかなって思ってて。 そこのヒントになるかなと、ちょっと聞いてみたいんですけど。 たとえば、人を育てると、それプラス育てられる人を育てるという段階があると思うんですけど、そこって、何か求められる要件が変わってきたりするんですか? 鈴木: 求められる要件…、育てられる人と育つ人の違い。 多賀: 育つ人と育てられる人の違い。何かありますかね? 鈴木: えーっとね、多くの人たちがたぶん頭ではわかってて腹に落ちてないことだと思うんですけど、人ってみんな違う。 多賀: ふ~ん。 鈴木: ということが、頭ではわかってて腹に落ちてないんですよね。その違いを受け入れようとするのが、やっぱり指導者の1番の資質だと思うんですよね。 多賀: う~ん。 鈴木: みんな自分と違うんですよ。 多賀: ふんふんふんふん。 鈴木: まずはそれを受け入れることだと思います。 で、長所を伸ばすって、長所に目を向けるということが才能を伸ばすということですよね。それがやっぱり指導者の1番の資質。 僕、今までいろんな企業の社長さんから相談受けてきましたけど、みんなね…、あ、これ言わないほうがいいかな? 言ってもいいかな。 多賀: いきましょう!(笑) 鈴木: 僕、実は解雇の仕事を206社やってるんですよ。 山本: へぇ~。 鈴木: たぶん日本で唯一だと思いますね。だから、人の会社の首切りをやってるわけですよね。もともとそれをなんでやったかというと、僕は生年月日の研究をずーっとやってて、「このタイプの人にこういうふうに言ったら、たぶんうんと言うな」という道筋をずっと作ってくんです。 全体: ふ~ん。