shitsumonc.com
「ラグジュアリー」とは、その瞬間にある"豊かさ"。内側に溢れたものがあれば、外側で埋めようとしなくなる
講演録『シンプルでラグジュアリーに生きる』Part2 「ラグジュアリーはその瞬間にどれだけ感じることができるか」。心の在り方を語り合うほどに、スピーカー3人の共感は深まっていきました。 2017年10月1日開催 しつもんカンファレンスin OKINAWA セッション4A ▼登壇者情報 スピーカー/ 又吉 千恵子 ヨガティーチャー、エッセンシャルオイルアドバイザー 田中 春美 インタビュアー 金城 男 陶冶処風庵オーナー 質問家/ 靖子 ライフエッセンス・コンシェルジュ ラグジュアリーとは、○○○のこと 靖子: シンプルというところをキーワードにして話すと、皆さんに届いた部分もあると思うんですけども、そこからラグジュアリーという言葉を使うと、贅沢な感じが少ししてしまったり、お金をかけなければいけなかったりと、もしかしたら思ってしまうかなと思うんですけれども、春美さんにとってのラグジュアリー、さっきも少しエッセンスを言っていただいたと思うんですけども、「ラグジュアリー」について… 田中: 概念の話ばかりでボワンとしてきて、ごめんなさい、なんですけど、ラグジュアリーという意味を調べた時に、シンプルという言葉を調べた時に面白いなと思ったことが、さっき言ったわかりやすさの意味の他に、ノットラグジュアリーと書いてあったんですよ。これは反語なんだなあと思って。 で、ラグジュアリーって、何だかやっぱり煌びやかなシャンデリアとかを思い出すと思うんですけど、私の思うラグジュアリーと、ここでミヒロさんがテーマにしたのは、日本語で言う「豊かさ」だと思うんですけれども、ちょっとリッチネスなほうで、意味深い、奥にあるものという意味で捉えている私がいます。 豊かさと、本当に、さっきのシンプルに通じるんだけれど、もっと目に見えない部分、人の繋がりであったりとか、形の無いものをいかに持っているかが大事だと思います。 靖子: 男さんどうですか? ラグジュアリーと言うと、ちょっと女性性が強い、女性的な、女性の方がよく使う言葉かもしれないんですけれども。 金城: 僕なりの捉え方なんですけれども、海遊びが好きで、時間がやっと取れた、海に行きたい、で、沖縄って満潮・干潮とあって満潮の時間帯しか海に入れないんですよ。