shiromasa.com
久山との旅 徒然なるままに-5 原田宗典
今朝、一本の電話がかかってきた。受けたのは、おふくろだ。ぼくはまだ寝床の中にいた。 「ええ――ッ!?」 おふく…