shinsengumi.link
【新撰組隊士 上田清蔵が捕縛された】大坂東町奉行所跡(おおさかひがしまちぶぎょうしょあと)【大阪観光】
大坂東町奉行所跡(おおさかひがしまちぶぎょうしょあと)   (大阪市中央区大手前1丁目)   城外高麗橋通北側にあり、 享保9年の妙知焼(享保の大火)で、 大坂市中が灰塵に帰した際、 西町奉行所と共に一時難波別院に移ったが、 その後、元の場所に戻った。   (画像左の地図が享保の大火)   [caption id=attachment_1014 align=aligncenter width=650] [/caption]   〈スポンサードリンク〉 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});   慶応元年、 奇兵隊隊士で、のちに新撰組に入隊した上田清蔵が、 捕縛された後、釈放されている。   文久3年から慶応4年の間に、10人の奉行が歴任した。   現在、 大阪合同庁舎1号館前に 「東町奉行所跡」 の石碑が建っている。       amzn_assoc_ad_type =responsive_search_widget; amzn_assoc_tracking_id =doriru109-22; amzn_assoc_marketplace =amazon; amzn_assoc_region =JP; amzn_assoc_placement =; amzn_assoc_search_type = search_widget;amzn_assoc_width =auto; amzn_assoc_height =auto; amzn_assoc_default_search_category =DVD; amzn_assoc_default_search_key =新選組;amzn_assoc_theme =light; amzn_assoc_bg_color =FFFFFF;