shinsengumi.link
【紀尾井坂の変で暗殺された薩摩藩士】大久保利通(おおくぼとしみち)【維新の三傑】
大久保利通(おおくぼとしみち)   (文政13年8月10日~明治11年4月14日)   正助、一蔵とも。 鹿児島出身。 薩摩藩士。   元は公武合体論者だったが、 禁門の変から長州征伐などを経て、 武力倒幕論者に転じ、 大政奉還から王政復古に暗躍する。   慶応3年10月14日朝、 薩摩藩への討幕の密勅受領の為、 正親町三条実愛邸を訪れた際、 その帰途に、門前で近藤勇と出会うが、 互いに面識はなかった物と思われる。     密勅を持ち薩摩に急行した大久保利通が、 再び入京した同年11月15日、 坂本竜馬殺害事件が発生。   岩倉具視から事件を知らされた大久保利通は、 16日から19日まで文通し、 新撰組の犯行を確信しているが、 文面通りの意味か何か裏があるのか真偽は不明。   〈スポンサードリンク〉 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});   紀尾井坂の変     王政復古により参与となり、 明治新政府では参議。 その後も要職を歴任し、不安定な新政府を支えたが、 東京の紀尾井坂で不平士族6名に暗殺された。   (画像は暗殺時に大久保が所持していた手紙)     享年49歳。   墓所は、東京都港区南青山2丁目にある青山墓地。     amzn_assoc_ad_type =responsive_search_widget; amzn_assoc_tracking_id =doriru109-22; amzn_assoc_marketplace =amazon; amzn_assoc_region =JP; amzn_assoc_placement =; amzn_assoc_search_type = search_widget;amzn_assoc_width =auto; amzn_assoc_height =auto; ...