oriyasan.com
括り(くくり)前後の処理作業 | 久留米絣織元 下川織物
タテ糸です。 括りをする前に、濡らして 引っ張ります。 そうすることで、長さをより均等にそろえることができます。 綿糸は伸びるので、こうすることで のちのちの工程での柄のずれを防ぐための工夫です。 ひっぱったら、一定間隔に糸で留めてます。 括り工程後のヨコ糸(ヌキ という言い方をします) 染色する前に、たぐって カセ状にしています。 括り糸(くくりいと)には、べとべとに糊がついてます。 いったん さおに干して乾燥させます。 こちらは、染色後のタテ糸です。 40/2という太さ(番手)の糸になります。 こちらも 次の工程に入る前に いったん、さおに干しつけて乾燥させてます。 タテ糸 ヨコ糸それぞれの工程で 濡らしたり干したりを何回も繰り返します。 その都度、天日干しなので、 反物になるまでには2~3か月の期間を要します。 久留米絣 下川織物