obu-k2k.com
DAPS始まった!BLEUTRADEに入ってたDAPSトークンが資産として仲間入り。 | 仮想通貨で家は買えるのかを試すブログ
遂にDAPSトークンの価値がよく分かるようになった? 兼ねてからPeepcoin(PCN)のホルダーだった皆様こんばんわぁ>ω< ということで、久々にPCN関係の話題をしようと思います。 というほど個人的に詳しくないのですが、自分である程度所持しているPCNの動き的なものをはじめ、PCN→DAPSに関してどうなったのか、とか色々見ていきたいと思います。 Peepcoin(PCN)の価格が暴騰!数十倍!だった。 COINEXCHANGEのDOGEマーケットにて、様々な草コインのひとつにすぎなかったPeepcoin(PCN)でしたが、DAPSというプロジェクトで、なんだかすさまじいコインになるぞ!という話が出ました。 DAPSという仮想通貨にリブート!ということで一気にPCNが買われ始め、凄まじい勢いで価格が上がりました。 個人的にPCNはとくに意味もなく数万PCN持ってた感じでしたが、勢いが昇るか!と若干先を見越して買い増しをしました。結果キリのいい枚数で一旦止め、駆け上がるローソク足を見ながらこれでDAPSという仮想通貨に交換となればまさかのプチ億り人!(ってほど持ってない)という可能性も芽生え始めました。というのが2018年6月中旬。 PCNのDAPS交換中止!ガラる、というのをリアルで見た。 専門用語で「ガラる」という言葉があります。価格がナイアガラの滝のように勢いよく落ちる、という意味のようで、そのナイアガラから名前を取っていると言われています。 6月下旬、突如PCNのDAPS交換中止!という発表が出て、ほんの2~3時間くらいだったかな。PCNの価格が落ちました。たしか20satくらいから一気に3satくらいまで落ちたと思います。 ちょうど名古屋のリラックマストアの前で休憩していた時にスマホでグラフ見てました。血の気が引いた!なにこのバグ・・。と思って帰宅して確認したところ、時すでに遅しの1satだったんじゃないかな・・。 PeepcoinをCOINEXCHANGEからウォレット、そのあとにBLEUTRADEに移してすぐでした。BLEUTRADEに移しておくと、Proof of