nobuyukikakigi.wordpress.com
辺見庸『自分自身への審問』
著者は、脳卒中に倒れて右半身が麻痺したばかりでなく、癌にも蝕まれつつある身体で本書を書いた。おそらくは一語一語…