nobuyukikakigi.wordpress.com
高橋哲哉『国家と犠牲』
私が今ここに生きていることはけっして正当化されえない。ここに場所を占めるとは、他者たちから生きる場所を奪うこと…