natures.natureservice.jp
脳波測定による自然体験が寄与する効果の検証 | NATURES.
目的 今回私たちNature Serviceは、「森林環境の中では都内のオフィスや会議室よりも脳の機能の活性化がみられ、生産性があがる」のではないか、という仮説をたて、脳が活性化している、ということを脳波という手法を用いて示すことはできないだろうか、という目的で長野県信濃町の協力で調査研究を行いました。 実験概要 参加者は首都圏で働く労働者20名(男性15名、女性5名、平均年齢37.2歳)。参加者はAグループとBグループに分かれ、以下のように各グループで順序を変えて調査を行いました。 Aグループ:都内実験後、信濃町 Bグループ:信濃町後、都内実験測定した内容は、都内、信濃町それぞれにおいて、自覚症テスト、クレペリンテスト、脳波(安静時脳波、クレペリンテスト実施中の脳波)です。さらに信濃町では、森林セラピーを実施し、その前中後でも脳波測定を行いました。脳波測定は感性アナライザーを用いて行いました。 結果 1)自覚症テストまず1つ目の結果としては、信濃町では自覚症テストの結果が、森林セラピー後より良好となり、以後滞在中はその良い状態が続いていたことです(図1)。 図1 自覚症状の平均得点 自覚症テストの平均得点は都内オフィスにおいて46.2±16.1点であり、信濃町到着時、すなわち自然体験開始時は43.1±9.2点とほぼ同程度でしたが、森林セラピー後は35.5±8.8点、自然体験終了時は34.9±8.8点と両者とも都内オフィスにおける平均得点と比較し、有意な改善を示していました。つまり、信濃町の森林環境においては、森林セラピー後より自覚症状は改善し、その後滞在中持続していた可能性が考えらます。自覚症テストの個々の項目における得点変化を図2に示します。全般的に森林環境で過ごすことにより、改善の傾向がみられていることがわかります。内容としては、「いらいらする」「落ち着かない気分だ」「やる気がでない」「不安」「ゆううつな気分」「考えがまとまりにくい」といった気分に関する項目、「頭がおもい」「目がかわく」「肩がこる」「頭がぼんやりする」「だるい」「腰がいたい」「目が疲れる」といった身体の症状に関する項目が混在していますが、どちらの項目に関しても改善傾向がみられていました。 図2 自覚症テスト 項目別の平均得点