natures.natureservice.jp
ニュージーランドの北島で女ひとり3島めぐり(後編) | NATURES.
NZ女ひとり島めぐりの後編は、オークランドシティからフェリーで35分ほどの距離にある、大勢の観光客で賑わうワイヘケ島です。観光客のお目当ては、島内に点在する20軒ほどの個性豊かなワイナリー。しかし訪れるとワイナリーを下支えしていたのは、豊かな生態系だということに気付きました。NZ女ひとり旅の最終編となる今回は、観光と自然の相互作用についてレポートさせていただきます。 ワイナリーツーリズムの魅力 本サイトは自然の魅力をお伝えするのが趣旨ですが、まずワイヘケ島のワインツーリズムの魅力について軽く触れさせていただきます。 女ひとりも3島目になればすっかり度胸も付き、フェリーの乗船もスムーズにできるように。ワイヘケ島にはデッキでさわやかな潮風を浴びているうちに到着し、さっそく周遊バスのHOP -ON HOP-OFF(フェリー代込みで$60)に乗車。広い島内を効率よく廻るための、必須の移動手段です。日本の観光バスのようにドライバーさんの他にバスガイドさんらしきスタッフが同乗しており、ジョークを交えながらものすごいスピードで喋りまくっていました。意味はまったく理解できませんでしたが、ユーモアに溢れた楽しい雰囲気だけは伝わり、気分は上々に。 乗っているだけで気分が上がる『HOP -ON HOP -OFF』 ニュージーランドでワイン生産が盛んになったのは、30年ほど前の1990年代に入ってから。それほど古くはなく、 新世界ワインの位置づけです。現在ニュージーランド全域で750か所ほどの ワイナリーがあるそうです。人気なのは都市近郊にあるレストラン併設型のワイナリーで、積極的に地場産食材を提供することで独自性を演出しています。羊肉を始めとするお料理は言わずもがな、垂涎ものでした。 そして……お料理だけではなく、周囲の自然環境を借景にした眺めもごちそうなのです。今回出かけたワイへケ島のワイナリーも羊の放牧風景に加え、自然環境に配慮した景観がワイナリーの魅力を高めていました。 ゆったりとした時間が流れるワイナリー 人間と同じようにゆったりと牧草を食む羊たち ワイナリーの背後に原生的自然あり