natures.natureservice.jp
「なぜ、自然の近くでテレワークすることにより生産性が向上するのか?」大盛況で終了 | NATURES.
Nature Serviceは長野県信濃町の委託を受けて、2016年度より行ってきた実証実験「脳波測定による、自然体験が寄与する企業経営課題解決への実証実験」の最終報告会を2019年2月13日(水)、東京ミッドタウン日比谷「BASE Q ホール」にて行いました。この実証実験は、電通サイエンスジャムの簡易脳波測定器を用いて、自然環境下における従業員のリモートワークが企業のメンタルヘルスマネジメントにどう貢献できるかをエビデンスに基づき科学的に解き明かすために行ってきました。IT企業大手や一部上場企業等、定員の200人の会場が満席になりました。 報告会では冒頭、信濃町の横川正知町長から、開会のご挨拶をいただき、2016年から共に行ってきた実証実験の結果、自然の近くでリモートワークを行うことで生産性の向上が期待できると言う結果が出たのは大きな成果であること。2019年5月にはNature Serviceとの協働で、ノマドワークセンターの開設も予定しており、信濃町としては今後、企業の健康経営の一助となることはもちろん、信濃町の交流人口の増加、ファンの増加につなげていきたいとする旨のお話をいただきました。 講演セッションは、「働く人の健康から考える生産性向上」をテーマに、3人の講師から講演を行いました。 講演1 「日本における健康経営への取り組みの実情や課題と効果的な対策の事例共有と傾向」 田中氏からは、自然がどのぐらい良いのかについては、海外でも認知を得てはいるところだが、科学的なエビデンスがないのが実情である。今回の脳波測定の実証実験は、健康経営、脳の健康管理を進めようとするなか、科学的なエビデンスをつくる上で画期的なプロジェクトであった旨のお話をいただきました。 講演2 「簡易脳波測定器と自然体験と組み合わせる可能性について」 神谷氏からは簡易脳波測定器の感性アナライザー特徴や脳波の取得技術についての解説がされ、言葉にしづらいことを客観的に示すことで、商品開発や新しい価値を生み出すことに活かしていきたいとしていることが話されました。 講演3 「脳波測定による自然体験が寄与する企業経営課題解決への実証実験・最終報告」 木村氏からは、実証実験の概要と結果について、以下の通り報告がされました。 実験概要