natures.natureservice.jp
ニュージーランドの北島で女ひとり3島めぐり(中編・ランギトト島) | NATURES.
ニュージーランド女ひとり3島めぐりの中編は、気軽にトレッキングに出かけられる離島として人気の、オークランドシティからフェリーで25分の距離にあるランギトト島です。同島は、火山地帯のオークランドにおいて最も若い火山で、モトゥタプ島に隣接して600年ほど前の噴火活動によってできました。 気軽に出かけられるとは言ってもティリティリマタンギ島と同様に、厳重に管理されている自然保護区指定の無人島です。船は午前と午後の各2便しかありません。動植物を持ち込まないといった自然保護ルールの他に、食料類は自分で用意するなどの点で注意が必要です。 見た目は女性的、中身は男性的 左右の山裾がなだらかに海に流れ込むランギトト島。標高260mの山頂は島の中央部にあり、近くに火口跡もあります。短絡的な表現ですが、ランギトト島の形は遠くから観ると非常に優美で女性的です。これはマグマの粘性が弱いことが要因とされています。しかし外観は優美ですが山道に入ると溶岩流の痕跡が荒々しく、男性的な雰囲気でした。このギャップがランギトト島の魅力と言えます。 トレッキングコースは3つあり、4~5時間かけて山頂経由で島を1/4周するロングコース、2時間ほどで山頂を往復するサミットコース、海岸近くを散策するショートコースです。帰りの船便は最終が15:30、計画的に動かなければいけません。時間をかけて観察したかったためサミットコースを選択しました。 荒々しい溶岩流の痕跡 噴火は600年も前なのに、真っ黒な溶岩流で覆われている箇所が多くあります。島一番の見どころは、日本では富士山麓の風穴しかないという"溶岩トンネル"です。 溶岩トンネルは、溶岩の表面が冷えて固まったものの、内部はまだ熱い溶岩が流れたために空洞化してトンネル状になった現象です。様々なサイズの溶岩トンネルが数か所あり、屈まないと入れないものや50mほど歩けるものがあります。 屈んで入るほうの溶岩トンネルにはカップルが一組いたため、まだ先の、歩ける溶岩トンネルに進みました。入り口は大きな口を開ける動物のようにも見え、誰もいなかったせいもあり一瞬ひるみました。しかし気合を入れ、ヘッドライトをつけて突進。足元も壁もゴツゴツしており歩きにくかったのですが、初の溶岩トンネルはひとりだったせいもあり、非常にエキサイティングでした。 植物遷移を実感できる