natures.natureservice.jp
ニュージーランドの北島で女ひとり3島めぐり(前編・ティリティリマタンギ島) | NATURES.
エコツーリズムの先進地といわれているニュージーランドは、南島のミルフォード・トラックに人気が集中していますが、北島にも驚くほどの魅力的な自然がたくさんあります。そこで2018年3月に出かけた、オークランドからフェリーで1時間ほどのティリティリマタンギ島、ランギトト島、ワイへキ島の魅力についてご紹介します。今回は前編として、野鳥の聖地であるティリティリマタンギ島です。 飛べない鳥の楽園、ニュージーランドの謎 ニュージーランドには、絶滅危惧種のキーウィやカカポ、タカヘなどの「飛べない鳥」を始めとする固有種が数多く生息しています。テレビなどでその存在は聞いていましたが、なぜ飛べない鳥がニュージーランドにたくさんいるのでしょうか? 日本国内でその謎は解明できませんでした。しかしティリティリマタンギ島出発前に出かけたオークランド博物館で、意外な事実が明らかになったのです。 ニュージーランドのベースは、8番目の大陸だったジーランディア 「飛べない」=「天敵がいない」。ではなぜ天敵がいなかったのか?それは地形と密接な関係がありました。 ニュージーランドは太古、巨大大陸のゴンドワナ大陸から分裂した「ジーランディア」(ニュージーランドの語源)と呼ばれる8番目の大陸の名残ではないかという説です。海水面が上昇して孤立し、さらに火山により形成された大きな離島だというのです。 離島のために哺乳類は移入できませんでしたが、もともと翼のあったキーウィなどの鳥は、オーストラリアなどからニュージーランドに飛来することができました。そして留鳥となって翼が退化しました。 テレビで観た飛べない鳥たちは、「足が太い!」「身体も丸っこい!」。そう、飛べない鳥は歩いてエサを探さなければなりません。太めの身体を支えるためには、立派な足が必要なのでしょう。ヨッタヨッタと歩く姿は、ユーモラスで愛らしく見えます。 野生のキーウィは、山奥で夜じゅう見張っていない限り観られないようですが、タカヘは野鳥の楽園であるティリティリマタンギ島で観られるとのことで、とても楽しみでした。 ガイドツアーで自然の営みについて学ぶ