natures.natureservice.jp
刺客現る? 私がユニフレームのステンレスペグを選んだ理由 | NATURES.
こんにちは。日本各地を時々ふらっとバイクにまたがってキャンプしている風呂巫女です。 ワンタッチテント以外のテントを建てる場合、必要になるのがペグですよね。一番強度があって「どこでも使える」という信頼性が非常に高いペグがスノーピークの「ソリッドステーク」を始めとした鍛造ペグです。 引用: このペグではないですが、私にも鍛造ペグをとても愛用していた時期がありました。鍛造ペグというものは本当に良いです。貫通力がピカイチです。コンクリ以外なら大抵刺さるので、野営場所を選びません。 しかし、私が最終的にたどり着いたペグは鍛造ペグではなくこちらでした。 引用: UNILAMEのステンレスペグです。 なぜ私がこのペグを旅の相棒の1つとして加えたのか、その理由について説明していきたいと思います。 UNIFLAMEのステンレスペグを選んだ理由① かさばらない UNIFLAMEのステンレスペグは一つ一つが薄く、重ねて収納することができます。 この形状がとても重宝するのです。 私が持っている鍛造ペグとUNILAMEのペグを各10本束ねた太さを比較してみましょう。 差が歴然です。 UNIFLAMEのステンレスペグであれば片手で10本を全て束ねることが余裕をもってできます。 鍛造ペグの場合、一本一本が太い棒になっており、フックのような形状の部位が邪魔をして結果的にかさ張ります。そのため、片手で束ねようとするといっぱいいっぱいです。 特に私はバイクで旅をしているので、どれだけ荷物を小さくしてぎゅっと詰め込めるかが鍵です。たかがペグですが、されどペグです。少しでもかさが減れば、それだけ隙間をたくさん生み出せ、パッキングの効率化に繋がります。 UNIFLAMEのステンレスペグを選んだ理由② 鍛造ペグに比べて圧倒的軽さ バイクでのキャンプにおいて、登山でのキャンプほど重さは重要視されない傾向にあると思われがちですが、私はバイクでのキャンプこそ重さを大切にすべきと考えています。バイクはバランスで乗る乗り物ですので、荷物が重ければ重いほど、重心の位置が変わり、それだけで運転した時の感覚が変わります。