museum.projectmnh.com
生命の流れとは──辻邦生『桜の国へ そして桜の国から』
生命の流れとは、この胸を突き上げてくる大きな歓びであった。ただ地上に生きてあること──そのことがすでに酔うよう…