motionworks.jp
DaVinci Resolve 12 パブリックベータの新機能 | MotionWorks.JP
NAB 2016で発表されたDaVinci Resolve 12.5 パブリックベータの新機能はこちら。 2015年7月28日 DaVinci Resolve 12及びDaVinci Resolve 12 Studio ベータ1がリリースされました。 DaVinci Resolveの名称変更 以前のバージョンでは無償版が「DaVinci Resolve Lite」、有償版が「DaVinci Resolve」という名称でしたが、12からは無償版が「DaVinci Resolve 12」、有償版が「DaVinci Resolve Studio 12」に変更されています。DaVinci Resolve 12 Studio の起動にはドングルが必要です。ダウンロードはプロダクトページ、もしくはサポートページから行えます。 Blackmagic Design: DaVinci Resolve 12 無償版と有償版の機能の違い 無償版のDaVinci Resolveでは出力できる解像度に制限があり(UHDまで)、処理は単一GPU限定されます。有償版のDaVinci Resolve Studioには、マルチGPU対応、DCI 4K出力、3Dステレオスコピックツール、リモートレンダリング、モーションブラーエフェクト、時間的/空間的ノイズ除去、マルチユーザーコラボレーションツール、XAVC Intra エンコーディングなどの機能が含まれます。 パブリックベータ版の注意点 このバージョンはパブリックベータ版です。以前のバージョンのDaVinci Resolveを使用している場合、インストール前にプロジェクトデータおよびデータベースのバックアップをお勧めします。 DaVinci Resolve Studio 12の新機能 まだ完全ではなく、以下の新機能でアスタリスクが表示されている項目は、今後のベータ版のアップデートで実装される予定です。 新しい高速なユーザーインターフェイス • モダンで柔軟性に富んだ拡張性の高い、新しいユーザインタフェース • MacBook Pro 15インチからRetina 5K iMacまで拡張できるようにUIを設計 • Windowsで高DPIをサポート • 複数ユーザーのサポートはオプションです • Mac OS