motionworks.jp
DaVinci Resolve 11 パブリックベータの新機能 | MotionWorks.JP
2014年6月24日DaVinci Resolve 11.0パブリックベータがリリースされました。 Blackmagic Design: Support バージョンアップの注意点 このバージョンは正規版ではなくパブリックベータ版です。 以前のバージョンのDaVinci Resolveを使用している場合、プロジェクトデータおよびデータベースのバックアップをお勧めします。 主な新機能 編集、グレーディング、メタテータ入力を同時に行うマルチユーザーコラボレーションワークフロー(フルバージョンのみ) ユーザーが選択可能な、最適化されたフォアグラウンドとバックグラウンドのレンダーキャッシュ。 ノード、クリップおよびタイムラインなどユーザーが選択可能な新しいマルチレベルレンダーキャッシング。 エディットとカラーページにキャッシュの状態を表示。 キャッシュのフォーマットはProRes, DNxHD, Uncompressed 10-bit もしくは 16-bit floatの選択が可能。 プロジェクト設定でバックグラウンドレンダーキャッシュの有効/無効を切り替え可能。 デュアルモニターユーザーインターフェースのサポート LinuxバージョンでApple社認証のProResエンコード/デコードが可能に。 マルチGPUのOpenCLやCUDAプラグイン用の高性能OpenFXフレームワークの拡張機能 複数の言語のGUIサポート:(英語、日本語、中国語) ユーザーカスタマイズ可能なキーボードショートカットとプリセット 複数のオートセーブバージョン メディア ページ SDカードやSSD、ディスクドライブのためのチェックサムレポートを含む、複数の保存先へのクローンツール 表示/非表示ができるクリップのメタデータウィンドウオプション メディアプールのクリップのサムネイルでフレームレートがポップアップ表示されます。 クリップの分割操作では、自動的に新しく作成されたクリップにフォーカスを移動します。 RED と Sony Rawクリップのカメラメタデータのサポート エディット ページ 編集とアッセンブル すべてのビュアーとタイムラインにおいてキーボードで絶対的/相対的タイムコードが入力可能。 ビンやメディアプール内で選択したクリップから素早くタイムラインを作成できます。 フレーム バイ