motionworks.jp
【FCP X】Final Cut Pro X 10.1.2 アップデート | MotionWorks.JP
2014/06/28 Final Cut Pro X 10.1.2がリリースされました。同時にMotion 5.1.1、Compressor 4.1.2もアップデートされています。また、ProApps Codecs v1.0.5もダウンロードできるようになっています。 アップデートの注意点:アプリケーションのバックアップ 以前のバージョンをインストールしている場合、アップデートでアプリケーションが上書きされるため、アプリケーションのバックアップをとる事をお勧めします。(注意:過去のバージョンをダウンロードする事はできません。) Final Cut Pro X 10.1:アップデート前に重要な Final Cut Pro X 10.0.x ファイルをバックアップする方法 アップデートの注意点:ライブラリのバックアップ Final Cut Pro Xを起動するとライブラリのアップデートを行うアラートが表示されます。 アップデートされたライブラリは以前のバージョンで開く事はできません。 キャンセルボタンでライブラリをそのままにして後で「プロジェクトとイベントをアップデート」する事もできますが、以前のバージョンで作業をする場合は、アプリケーションのバックアップとともにライブラリのバックアップをお勧めします。 バージョン 10.1.2 の新機能 • 最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリング済みのメディアをライブラリ外の任意の場所に保存可能 • 最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリング済みのメディアを Final Cut Pro X 内から簡単に削除 • 複合クリップ、マルチカムクリップ、および同期したクリップに使用中のメディアのインジケータを表示 • ブラウザに未使用のメディアのみを表示するオプション • ARRI、Blackmagic Design、Canon、および Sony カメラのハイダイナミックレンジで広色域なビデオに標準的なカラースペース(Rec. 709)をリアルタイムに適用 • 新しい AMIRA カメラの ARRI 3D LUT を自動的に適用 • Apple ProRes 4444 XQ をサポート • クリップを同期するときの速度と精度を向上 •