motionworks.jp
Adobe Premiere Pro CC 2013/7 アップデート | MotionWorks.JP
Adobe Premiere Pro CCのアップデート(7.0.1)が行われました。編集機能の拡張とバグフィックスが含まれています。これらの機能はクリエイティブクラウドメンバーのみ使用可能です。 シーケンス上でのタイトルの複製 タイムラインのシーケンス上でキーボードショートカットを使用しタイトルを素早く複製することができます。タイムライン上で、Alt(Win)またはOptionキー(Mac OS)を押しながらタイトルをドラッグします。 新しく作成されたタイトルは複製になります。オリジナルのクリップは参照しておらず、新しいタイトルに加えられた修正は元のタイトルには反映されません。プロジェクトウインドウを使用した複製では元のデュレーションが維持されますが、ショートカットを使用した複製ではプロジェクトで使用している尺になります。 重要なポイント: シーケンス上のタイムラインでコピー/ペーストを使用するとインスタンスが作成されます。同じマスタークリップを使用しているので、変更すると全てのインスタンスが更新されます。 他の方法ではマッチフレームを使用してソースモニターに表示してから、ソースモニターを右クリックし「プロジェクトで表示」でプロジェクトウインドウに表示し複製するといったやり方もあります。 リフトと抽出機能の強化 リフトや抽出機能を使用すると、選択したクリップの一部を簡単に移動することができます。 以前のバージョンではリフトや抽出する場合、イン点とアウト点の両方の範囲を設定する必要がありました。今回のバージョンではイン点アウト点のいずれかが設定してあれば使用できます。イン点だけの場合はシーケンスの最後まで、アウト点だけの場合はシーケンスの先頭から動作します。 イン/アウト点でのコピー、カット、クリアの動作 (クリップを選択せずに)イン点もしくはアウト点を持ったシーケンスの範囲をカット、コピー、クリアできます。 イン点だけの場合はシーケンスの最後まで、アウト点だけの場合はシーケンスの先頭から動作します。 クリップの有効/無効を切り替え クリップの状態の有効/無効を切り替えることができます。 有効コマンドを切り替えるにはタイムラインで、右クリック(Win)またはCtrlキーを押しながらクリック(Mac