motionworks.jp
DaVinci Resolve 10の新機能と方向性に関する質問 (DRUG-J) | MotionWorks.JP
2013年5月17日に開催されたブラックマジックデザインNAB2013新製品説明会において、DaVinci Resolve User Group Japan (DRUG-J)として、DaVinci Resolve 10の新機能と方向性について質問できる機会を特別に設けて頂きました。 Q. DaVinci Resolve 10で動作推奨環境は変わりますか? A. DaVinci Resolve 10 の新しい機能に対応するには、より多くのGPUレーンが必要で、GPUのRAMは2GB以上が推奨されます。DaVinci Resolve 10の新しいコンフィグレーションガイドでは最低動作環境のGPU RAMが2GB以上になる予定です。 Q. 以前のバージョンで動作していても動かなくなる場合はありますか? A. これまでの機能は動作しますが、新しい機能(例えば、新しいノイズリダクションの機能など)は動作が厳しくなります。 Q. ビデオ編集機能が強化されましたが、どのような狙いがありますか? A. 編集に関しての機能向上の声が多く寄せられ、それに対応した形です。多くの優れた編集ソフ トウェアがありますが、DaVinci Resolveではデジタルシネマカメラのデータを快適にネイティブで扱うことができます。 例えばDaVinci ResolveでProResやDNxHDに変換し、他のソフトウェアで編集した後にデータ(XML,AAF,EDLなど)を読み込み、元のネイティブの素材からフィニッシングすることが出来ます。 Q. 新しいビデオ編集機能はLite版でも使えますか? A. はい。同じ機能が使えます。 Q. 編集機能の追加で特に参考にしたソフトウェアはありますか? A. 様々な編集ソフトウェアの優れた部分を参考にしています。 Q. タイトル機能についてです。日本語に対応していますか?また、XMLを使ったタイトルデータの受け渡しはできますか? A. タイトルの日本語入力には対応しています。XMLの対応に関しては確認します。 Q. プラグインにOpenFXが採用されました。その狙いはどこにありますか? A. DaVinci