motionworks.jp
NAB 2012: Autodesk Smoke for Mac 2013を発表 | MotionWorks.JP
? Autodeskが NAB 2012において Autodesk Smoke for Mac 2013を発表しました。 Autodesk Smoke for Mac 2013はMac版のオールインワン エディトリアル フィニッシングソフトウェアで、完全に再設計されてリパッケージングされています。タイムライン内での強力なノードベースの合成と統一されたクリエイティブなワークフローを提供し価格は米国で$3,495で販売されます。日本では535,500 円(税込)です。 Autodesk Smoke 2013 の主な新機能 新しいUI:UIが一新されています。タブベースのレイアウトになり頻繁にアクセスする箇所に素早くアクセスできるようになっています。特にMediaHub、Conform、Timeline、Publishが下部にレイアウトされ切り替えを簡単にできるようになっていたり、ボタンがプルダウン形式になり省スペース化しています。 ConnectFX:待望のバッチ機能です。ノードベースのコンポジティングがタイムライン上で出来るようになります。合成結果にエフェクトを足したり、さらにそれをベースに複数コンポジティングすることが可能です。Flame Premium Timeline(旧 Linux版 Smoke Advance)ではPreとPostと2重のバッチ処理がありますがAutodesk Smoke for Mac 2013では ConnectFX一系統のようです。 クリエイティブ ツール:Actionでの真の3Dコンポジティングや、強力なColour Warper、Master Keyerなどのツールを内包しています。 リライティングツールが特に威力を発揮し、リカーシブエフェクトやFlameFXのようなエフェクトツールで特にプラグインを用意しなくても高度なエフェクトを構築できます。Actionでは3Dオブジェクトをそのままインポートできるのが大きな特徴です。動画ではAlembicもサポートしているように見えます。