motionworks.jp
【FCP X】Final Cut Pro Xについての考察まとめ(更新2013.02.16) | MotionWorks.JP
10.0.1、10.0.3(現在10.0.7)とアップグレードを重ねアプリケーションとして様変わりしています。発売当時と比較して何が変わったのか、検証していきます。 返金騒動等いろいろ物議を醸したFCPXですが、問題となっている機能をピックアップしてみたいと思います。(2011年 7月 01日時点)Mac App storeでのみの販売になり、店頭やApple StoreでのFinalCutStudio3(アップグレード版含む)の販売は終了しています。 (更新2013.02.16)法人営業部 アップルコールセンターのみでFinalCutStudio(2009)の販売が再開されているようです。アップグレード版は無く新規の購入のみです。 無くなったもの、まだ実装されていないものなど変更点をいくつか。 (2011年 7月 01日時点) 以前のプロジェクトファイルが読めない。 マルチカメラ編集。 素材、タイムラインのTC設定。 ライブラリ上でIN点OUT点が記憶できない。 テープメディアの取り込み、書き出し。 XML EDL OMFの取り込み、書き出し。 タイムラインからMotionへの出力。 プロジェクトの部分書き出し。 PhotoShopレイヤーのサポート。 エフェクトやカラーでの数値入力。 リタイミングの数値入力 DVDチャプターマーカーがない。プロジェクトにマーカーが打てない。 ワークスペースのカスタマイズ。 カラーバーの作成。 打ち消し線は機能追加されたもの、赤字は代替機能のあるものです。 Appleの正式な回答としてはこちら Final Cut Pro X FAQ(英語) (追記 2012.02.12)現在FAQは公開されていません。 1. 以前のプロジェクトファイルが読めない。 全く読めません。FCS7との併用が必要です。 ガイドラインでは、Final Cut Pro X, Motion 5, Compressor 4の最善なインストール方法として前のバージョンと別の起動ディスクにインストールすることを推奨しています。そのままインストールしても旧ソフトウェア群はFinal Cut Studioフォルダに退避されますが、自己責任でお願いします。 Final Cut Pro X, Motion 5, Compressor 4:最善なインストール方法