mononichi.com
学校の文化祭公式サイトを作った
文化祭の公式サイトを作りました。その時に資料作ったのでその資料をそのまま記事にします。 サイトはこちら。モバイル専用サイトです。(現在サイトのアーカイブ化,2019年への移行作業中です) できること 公式サイト スタンプラリー 企画投票 バーコード認証による景品交換 使用言語 PHP, HTML, JavaScript (一部J-Query, Ajaxを含む) 役割分担 同じ学年の人,3人で制作した。それぞれ デザインする人 デザインをCSSとJavaScriptで実装する人 プログラムする人 である。建築科が二人で情報科が一人(ボク)です。建築科のデザイン力はすごい..... 私はプログラム部分を中心に担当した(特にサーバーサイドで動く部分)。 目的 通っている学校に文化祭webサイトが存在していなかった。現在はスマートフォンが普及し多くの人が持ち歩いている。そこで文化祭をより便利にする公式webサイトの作成、及び文化祭をより楽しくするwebスタンプラリー,電子投票システムの作成を行った。 ウェブサイト制作 WEBサイトの構築のためにドメインの取得,レンタルサーバを契約しサイトを構築した。 このブログと同じサーバーで動いている。というアドレスによりアクセスできる。静的な部分はHTMLで書かれていて動的な部分はPHPで書かれている。PHPはサーバー上にてプログラムを通して動的にページが作成される。 スタンプラリーページ スタンプラリーページでは専用のQRコードを各企画の入口付近に掲示してもらい、来場者の端末にてQR コードを読み込むと、スタンプが押印される。3 企画以上のスタンプを集めると「投票する」のボタンが表示され、投票できるようになる。 また何人がその企画へチェックインしたのかを知るために企画ごとにアクセス人数をテキストファイルにて記録、及び閲覧,グラフ化できる機能も作成した。 実装 スタンプラリーページでは・チェックインページと・スタンプ一覧ページ の二通りで構成されている。 チェックイン画面では次のようなフローで処理されている。 PHPと呼ばれるサーバーサイドの言語を用いている。 文化祭で行われる企画数は20を超えるため,企画ごとにページを一つ一つ作成することは非常に手間である。そこでURLにパラメータをつけ