momoko.counseling1.co.jp
君の膵臓をたべたい | 安城のカウンセリング(くれたけ心理相談室)柴田 桃子サイト
まず、この本のタイトルに興味を持ちました。ですが読むことはなく、映画を観たいと思っていたのですが結局観れず…だったのですが、小説が好きな息子が、「これいいよ」と貸してくれたのです。読むのに時間がかかる私は、少しずつ読み進めていたのですが、最後まで読み終えた時、どうしてもっと早く読まなかったのだろうと後悔するくらい、とても感動するお話でした。 膵臓の病気で後数年で自分が死ぬことを知っている、人との関りを大切にする女の子と、家