metalfisher.com
【インプレ】メイホウ(バーサス)VS-7055 と拡張パーツ | 北のソイ釣りスト | 北のソイ釣りスト
おつかれさまです、スコシです。 ソイ釣り装備一元化計画にて、タモもワームもリグも何もかも身に着ける計画は、頓挫しました。 おとなしくタックルボックスを持っていこうということで、スコシの愛用するVS-7055について記します。 公式サイトはこちら。 スコシのVS-7055完成形 本体に、拡張パーツのサイドポケットとロッドスタンド細いの(黒)2本と太いの(赤)1本、裏側で見えないけど右奥にドリンクホルダー1個。 ひとつひとつ見ていきたいと思います。 猫は付属しないよ。 VS-7055本体 左右に拡張スロットのついた、ハンドル付きの何の変哲もない箱になっています。 蓋が二重になっていて、上だけ開けるとこんな感じ。 横仕切りの位置は自由に変えることが出来ますが、ド真ん中の縦仕切りは外せないので、あんまりそんなに自由度が高いとは言い難い。 二重の蓋を開けると、こんな感じ。 VS-3010NS(薄型)が6枚入ります。 が、6枚入れるとギッチギチでピッタリで取り出しづらいので、スコシは5枚入れで運用。 厚型(というか通常型)なら4枚ですが、これをピッチリ入れるとどうなるんだろうね…スコシにはわかりません。 蓋の裏側は(ほぼ)水平になるように設計されているので、作業台として使うことが出来たりします。 サイドポケット BM-120 サイドポケットには厚型のVS-3010がカタンと入ります。 薄型なら2枚、余裕をもって入ります。 スコシは、使用済みリグやハードルアーなどをこの白い厚型のVS-3010にポイして、帰宅して洗うようにしています。 このサイドポケットは左右に拡張スロットが付いているので、ロッドスタンド等を付けることが出来ます。 ロッドスタンド 3種類出ていますが、スコシが使っているのは太いBM-280と細いBM-250 Lightの2種。 ロッドスタンドは3段階に高さを変えることが出来て、リールを保持出来る長さにするのが基本ではあるけれど、最長まで伸ばすと結構不安定になるのでスコシは2段階目までにしています。 その結果、ロングロッドはバットエンドが下に着いちゃってリールフットを噛まない。 ベイトは、トリガーが変な風に引っかかる、なんて難点もあるけど、大した難点じゃないね。 太いBM-280は、タモを入れることが出来るほど。 ドリンクホルダー