metalfisher.com
革ジャンが濡れてしまった | 北のソイ釣りスト
おつかれさまです、スコシです。 スコシは、ちょっとくらいなら革製品を濡らしても気にしません。 なぜなら… 風雨に耐えた相棒のように育てたいからね! しかし、結構濡れてしまったら、話は別だ。 これはあんまり良くないねぇ…。 皮革製品と水について 革は、水に濡れると硬くなります。 ちょっとくらい霧雨に当たって硬くなったりするのは、むしろ望むところ。 味わいがあるよね。 風雨に耐えた相棒のように以下同。 しかも、スコシの使うオイルドレザーはオイルがたっぷり塗り込んであって、撥水性は高い。 革にしては、ね。 しかし雨に打たれてびしょ濡れになってしまったら、これは少しばかりしっかりお手入れをしなくてはならない。 水に濡れた革製品のお手入れ といっても、そんなに難しくはないよ。 乾拭きして水気を拭き取る 風通しのいい直射日光の当たらないところで乾かす 完全に乾き切る前にオイルを入れる これだけ! でも一応解説させてもらおうかな。 乾拭き 革のお手入れの基本は乾拭き。 困ったら乾拭き。 困らなくても乾拭き。 濡れてしまった革も、とにかく乾拭きして水気を取るのが大事です。 乾かす その上で、何はともあれ乾いてもらわないと話が始まりません。 風通しの悪い湿気の多いところは良くないね。 あたりまえだ。 直射日光も、革に余計なダメージを与える上に急激に乾燥させてしまうので、あまり良くありません。 ドライヤーも論外。 濡れた革は熱を加えずにゆっくり乾かすのが基本です。 オイル入れ まことしやかに言われています。 「オイルは水分と共に飛んでいくので乾ききる前にオイルを入れましょう」と。 オイルが水分と共に飛んでいく? どういう理屈だろう。 まず、オイルが水分に溶けて一緒に飛んでくわけないよね。 水とオイルだもん。 次に考えられるのは革に染み込んでたオイルが水分によって遊離して、飛んでいきやすくなる。 これは、ありえるかもしれない。 理屈はわからないけれど、とにかく乾き切る前にオイルを入れるようにしよう。 どうせ入れなきゃいけないんだし。 ちなみに 革製品に対して手っ取り早くダメージ感を与えるために、逆に濡らしてやる、極端な場合は水洗いすることがあります。 スコシは、やんないけど。 水洗いした場合も、やることは同じだね。 水気を拭き取る 陰干し オイル 簡単。 おしまい