metalfisher.com
スコシ的ソイの釣り方 キャスティングについて | 北のソイ釣りスト
おつかれさまです、スコシです。 ソイに限らず、魚を釣るためには魚のいるところに仕掛けを届けてあげなくてはなりません。 例外的に、ウキの周りに撒き餌して「ポイントを作る」というアグレッシブな釣り方もありますが、今回は仕掛けを投げて届ける、つまりキャスティングについて。 なお、ここで投げるのはワームを使ったリグやハードルアーであって、投げ釣りのような重いオモリを遠投するのとは違いますので、ご承知おきくださいね。 それから、バスフィッシングやボートロックで活躍しそうな特殊な投げ方も、ご紹介できません。 オーバーヘッドキャストというやつだよ。 前置きが長くなったね… 反動を使った方法 比較的短めのロッドで投げる時に多用される方法です。 勢いよく振りかぶって、後ろに飛んでくリグの慣性でロッドを曲げて、復元力を利用しつつロッドを前に回転させてピシュンと振りぬく。 この投げ方をする場合は、垂らしはロッドの1/3くらいにしておくと良いですね。 バスフィッシングの世界では、この投げ方をする方が多い印象です。 反動を使った方法の利点 これは、短いロッドで、軽いリグを扱いやすい方法です。 その他、次項に挙げる方法より後方のスペースを取らないことも利点です。 ロックフィッシングで使うリグの重さでは、次項の投げ方より飛距離は出やすいかも。 反動を使った方法の欠点 後ろに飛んでくリグの慣性を利用してロッドを曲げるこの方法は、ロッドのティップに一瞬で一点集中して大きな力がかかるので、ロッドに良くないと言われています。 最悪の場合ロッドが折れるかも…。 あとは、リリースのタイミングがかなりシビアになりますね。 勢いよく復元しようとするロッド、グリップエンドを引いてロッドを回転させるキャスティングアクション、そしてリリースが噛み合わないと、叩きつけたりセンターフライを打ち上げたりします。 あとは、コントロールを効かせづらかったりしますね…。 遠心力を使った方法 ペンデュラムキャストと言います。 垂らしを長く、1番手前のガイド辺りまで取って、振り子のように振って投げる方法です。 より長いものを振る方がより大きい遠心力を利用できる、という仕組みだよ。 ロッドを前に倒したあとに後ろに振って、リグが振り子の向こう側に来た時に振り抜く。