metalfisher.com
【比較インプレ】BlueCurrentというロッドについて | 北のソイ釣りスト
おつかれさまです、スコシです。 今回は、スコシがソイ釣りに使っているロッドについてインプレを記したいと思います。 参考にしていただけると幸いです。 「こうした方が良いんでね?」といったご意見も大歓迎でございます。 まず、スコシはライトリグ派です。 1.8g~5.3gの軽いリグを使って、フワフワと漂わせるのが好きってことだよ。 だから、そういう軽いリグを扱いやすいライトゲームロッドを選んでいます。 ロックフィッシュロッドとは全然違うんだよ。 スコシがどうしてライトゲームロッドを使い始めたのかは、こちらの記事をご覧くださいね。 大型のアブラコやソイ、ヒラメと戦うことは、基本的に想定していません。 うっかり掛かったら…どうなるんだろうね。 メーカー ヤマガブランクスという会社の、ブルーカレントというライトゲームロッドシリーズを好んで使っています。 熊本にある国産メーカーでね、自社で窯を持っていて、ブランクを自社生産している数少ないメーカー。 「竿は曲がってなんぼ」と表明していて、よく曲がってよくしなってよく耐えるロッドを数多く発売しています。 2018年11月現在、スコシが持ってるロッドは全部、このヤマガブランクスのブルーカレントさ。 メインロッドは、BlueCurrent 77TZ/NANO Stream Specialというライトゲームロッド。 サブロッドに、同じくBlueCurrentの85TZ/NANO All Rangeというパワー系ライトゲームロッドとBlueCurrent Bait 78 nanoというベイトモデル。 それから70TZ Tripperという4ピースロッドと、もう滅多に使わないけれどもBlueCurrent 76Tiというカタログ落ちモデル。 初めてのブルーカレントが、76Tiなんだ。 一つ一つ、軽くご紹介します。 BlueCurrent 77TZ/NANO Stream Special 主要スペック Length:7フィート7インチ Weight:74g Lure:Plug 2~9g / Rig 1.5~13g Line:PE 0.3号~0.8号 ─ヤマガブランクス公式サイトより インプレ ナノアロイで収束が早く、反発力の強いロッドです。 20cmのソイで、十分引き絞られますね。 楽しい。