manager-room.kyo-kure.com
茶葉と畳は新しいほうが良い。嫁は・・・
静岡以降、『日本茶をちゃんと淹れる技法』が身についたので、 わざわざ敬遠しなくてもよくなったためです。 守備範囲が広がったということで。 で、 うちには、たまたま、『数年物』の煎茶と、『今年取れた』煎 ...