mamaroid.com
無印のカレー「バターチキン」が新しくなったけど、どこが変わったの?比較してみた
無印良品の人気レトルトカレー「バターチキン」が2/14リニューアルしました。 2009年の発売から数えて4回目のリニューアルとのこと。 ロングセラー商品でもあるバターチキンカレーは、さて、どこが変わったのか、チェックしてみました。 新しくなった無印の「バターチキン」カレー パッケージに「味を見直しました」と赤丸で強調している、無印の新しくなったレトルトカレー「バターチキン」。 味を決める重要な要素である「トマト」に着目し、旨み、酸味、甘味に特長のあるトマトを数種類組み合わせました。 というコピー。 強調したいのは、そこなんだね、と確認しつつチェックへ。 無印の「バターチキン」カレー新旧比較 画像左が旧バターチキン、右がリニューアルされたものです。 辛さは「2」、内容量180g、価格350円(税込)は変わりません。 新旧バターチキンカレーの見た目の違い 一緒に湯煎して、器にあけたときの写真です。 パッケージを見た印象で、赤っぽくなったのかと思ったのですが、こうやって並べてみると、色味はさほど変わりませんねぇ。 お肉のサイズ、量の違い ただ、新しくなったバターチキンカレーのほうが、固形物がたくさん顔をだしています。 そこで、固形物をスプーンですくって並べてみました。 お肉の数 旧 5個 : 新 7個 数もですが、大きさもアップしています。 リニューアル後のバターチキンカレーはお肉の量がふえています。なんかお得感がUPしてるかも。 味は酸味が少しアップ 「カスリメティの香りが生きています」とありますが、正直よくわかりませんでした。 新旧カレーをならべて、クンクンしてみたのですが、明らかに違うほどの香りは感じられず。 そもそも「カスリメティ」の香り、知らないし…。 それに対して、味は、新しいほうがトマトの酸味を感じます。 しかし、改めて旧バターチキンを食べてみると、こちらもトマトの酸味、するんですね。 表記にあるとおり、トマトの種類が変わって、酸味がわずかにアップした、というところでしょうか。 カロリーが9kcal高くなったNEWバターチキン 裏の成分表を見ると、新しくなったバターチキンカレーの1袋当りのエネルギーは260kcal。 それに対して、旧バターチキンカレーは251kcal。