mamaroid.com
流行のバレットジャーナル始めるならコレって勧められるノートLEUCHTTURM1917って、なんで高いの?
バレットジャーナルを語りたいなら 「まずは、自分でやってみてからでしょ」 と、指令を受けちゃいまして。 「ノート買ってくださいね~」って。マジか…。 バレットジャーナル用ノートLEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)1917 で、とりあえずバレットジャーナルの公認っぽいノート LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)1917を買ってみる。 少々分厚めのノートなんだけど、価格がなんと3,746円!どんだけ高いんだっ! だけど、バレットジャーナル考案者が使っているノートで、 Amazonのレビュー評価「5」の満点で、 これから始める人にはコレって絶賛されていて。 …避けるべき理由がみつからない。 でもね、やっぱ、高すぎるんだよ。もう少し安いノートでいいんじゃね?と迷うこと5分。 結論!バレットジャーナルを語るには、ココを通らねばならぬ!と覚悟を決めて、購入してみましたよ。 LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)1917の中身 このバカ高いノートの中って、どうなってるのか、商品説明の写真じゃ、よくわからない。 せっかく購入したんだから、そこんとこ、お見せしちゃいます。 まず裏表紙には、あの記号を書く欄が。 で次に「TIPS」 インデックスを記入するページが4ページ続きます。 続いて、FUTURE LOGページが4ページ あとは240ページまでドットが並ぶページが。 下にはページがあらかじめ印刷されています。 で、最後にintroduction。 そして袋が。 ノートが開かないように止められるゴムがついています。 付属品も。 ざっくり、こんな感じなんですがねぇ。 第一印象は 「え~~~、これだけ?」 ご説明いたしました上記の要素の中に、このノートが高額になる理由はございましたでしょうか? 無知なもんで、まだ価値がよくわかっておりません。 無料配布の「ロフトではじめるバレットジャーナル」 よくわからないので、まずは始め方が書かれている冊子をゲットしてきました。 …と、準備は整ったんですがねぇ。 3,746円のノートに、最初の1筆を入れる勇気がまだ持ててません。 こんなんで、手帳、はじめられるんでしょうか… ヤバイっす。