mag.nagano-mall.jp
御開帳の冷徹 | ながのモールマガジン
ここは地獄。閻魔大王が亡者に与える罰を決めるためにお裁きをしておられます。 閻魔大王にはとても優秀な補佐官がいるということが最近判明したようでございますな。 冒頭掲載したお写真は江戸末期から明治にかけてご活躍された河鍋暁斎という方が描かれた浮世絵ですが、真ん中がご存知閻魔大王。その右にいる青いひとが補佐官です。 閻魔 「補佐官くーん、なんか最近ヒマじゃない?亡者の数がすくないような気がするんだけど」 補佐官「そうですか?あなたは裁判しかしてないのでヒマかもしれませんが、わたしは地獄の各272部署からあがってくる問題に対処する日々なので、あなたのようにヒマじゃないんですよ。結構なことじゃないですか」 閻魔 「あいかわらずトゲがあるねえ。なんだったらなにか手伝おうか?」 補佐官「結構です。あなたに手伝われたら仕事の量がかえって増えてしまいますから」 獄卒「補佐官さまーっ」 補佐官「なんですか騒々しい」 獄卒「現世の、し、信濃の、善光寺というところで!!」 補佐官「未成年が遠隔操縦するドロイドと情報統合思念体の対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースの異能バトルでもありましたか」 獄卒「あーなんか微妙にそれぞれ惜しいですね。ていうか詳しいですね」 白澤(はくたく)「ああ、御開帳だろう?数えの7年に1度、お祭りをやっているんだよ」 補佐官「あなたがなんでこんなところにいるんですか妖怪変化の分際で。天国で薬を作る仕事はどうしたんですか」 白澤「最近天国にくる亡者がやたら多くてね。あんまりにも混み合ってるんで避難してきたのさ」 閻魔「白澤くんは中国のご神獣なのになんで信濃の善光寺のお祭りなんか知っているんだい?」 白澤「いやなに、少し前に休暇で善光寺の近くの戸隠というところに逗留していたことがありましてね。吉永小百合のようなオトナ美人がいるんじゃないかと思いまして。その時に戸隠山の天狗やタヌキに薬の作り方を伝授してやっていたことがあったのですよ。わたしは誰かさんと違って基本的に親切なのです。戸隠神社も実は数え7年に1度、善光寺と同じ年におまつりをやるんです。善光寺と戸隠は縁浅からぬところなのですよ」