m-uroko.com
漫画「勇者が死んだ!」の最新話を読んだ感想。ますます面白い展開に
裏サンデーで連載されているファンタジー漫画「勇者が死んだ!村人の俺が掘った落とし穴に勇者が落ちた結果。」(以下、勇者が死んだ!)が面白いです。 裏サンデーで無料で公開されていることもあるのですが、ストーリーも面白くキャラも個性的で最近読んでいる漫画の中でも特にお気に入りの作品です。 今回はその「勇者が死んだ!」の最新話感想となります。ネタバレを含んだ内容となりますのでネタバレNGな人はこちらの記事をどうぞ。 村人が世界を救う?漫画「勇者が死んだ!村人の俺が掘った落とし穴に勇者が落ちた結果。」が面白い ネタバレがOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ! 「勇者が死んだ!」のあらすじ 魔法や魔物が存在するファンタジーな世界の村で普通に村人として過ごす青年トウカ・スコット。 ある日、村を訪れた伝説の勇者がトウカが掘った落とし穴に命を落としてしまったところから物語はスタートします。 勇者の仲間である屍術師のアンリの魔法によって勇者の死体にトウカの精神を移されて勇者を死亡事故に加担した罰として世界を救う旅に出ることになった勇者の物語です。 地獄の門に到着したトウカ一行 長い旅を続けてやっと地獄の門に到着したトウカ一行。 地獄の門を封印するために勇者の仲間であるレナードと共闘してたどり着きましたが、実はレナードは敵対する国の間者であったことが発覚します。 レナードは昔、自分が愛する人を屍術師によって殺された過去がありアンリを含む全屍術師を根絶やしにすることを最上の目標として生きてきました。 レナードがアンリと再会してからぎこちなかったのも、ネズミに精神を移らせて情報収集する作戦に一人だけ参加しなかったのもこういった過去があったからなんですね。 トウカとレナードは息が合っていただけに非常に残念な展開です。というか、勇者の元仲間達はクセがあるメンバーが多いですね。 屍術師の出生の秘密 レナードを撃破した後、魔王の死体を手に入れるため地獄の門を通り地獄へと降り立つメンバーですがこの時に屍術師の出生の秘密が明らかになります。 屍術師はその昔、地上の罪人が地獄送りにされて悪魔と結託して神に反旗を翻したものたちの末裔だということ。 悪魔と罪人が交わり生まれた子供たちが屍術師であるという事実です。