m-uroko.com
創世のタイガ4巻の感想。タイガと原始人のタイマン勝負
ホーリランド、自殺島の作者による新しい作品「創世のタイガ」 自殺島あたりから「命」「サバイバル」を描くようになりましたが、現代の大学生たちが原始時代にタイムスリップするという漫画です。とてつもなく面白い。 今回はその「創世のタイガ」4巻の感想です。 創世のタイガのネタバレを多分に含む内容なのでネタバレNGな人はこちらの記事をどうぞ。 自殺島の作者の最新作、創世のタイガが面白いぞ! 創世のタイガのネタバレがOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ! 創世のタイガ4巻のあらすじ 前話で原始人(ホモ・サピエンス)の少女、ティエリと遭遇したタイガ。 彼女と共に行動をする内に、この世界のルールや現状がうっすら見えてきます。 この世界ではホモ・サピエンスとネアンデルタール人がちょうど混在していた時期で、それぞれの種族が覇権を争っています。 史実通りに行くとネアンデルタール人が駆逐されてホモ・サピエンス(現代人と同じ種族)が生き残るわけですが。まさにその争いの最中が漫画の舞台になっています。 原始時代にタイムスリップしたタイガが所属する大学サークル一行は、すぐにネアンデルタール人に襲われてしまいタイガだけがグループから外れます。 この時に出会ったのがホモ・サピエンスの少女ティアリで、短い道中でお互いの信頼関係を築いていきます。 ティアリの集落に合流したタイガですが、仲間の一人が友人の上着を着ていたことから殺害されたと思い込み、激昂。掴みかかったことで険悪な雰囲気になり戦士ナクムとタイマン勝負をすることになります。 原始人とのガチンコ勝負 集落の代表戦士として現れたナクムは筋骨隆々。のちにティアリの兄と判明しますが、このナクムとタイガは一騎討ちの勝負をすることになります。 体格で勝るナクムに対してタイガは現代で習っていた総合格闘技の技術を駆使して戦います。 下半身へのタックルや関節技など見たこともない攻撃に対して戸惑うナクム。最後は背後を取りチョークスリーパーで締め落とします。 次第に集落の一員に 決闘を制して仲間を解放してもらうことになったタイガ。 決闘以降は仲間との関係も良好で、現代人で足りないサバイバル技術は見よう見まねで勉強しつつ、自分たちの知恵を分けたりします。