m-uroko.com
AZUMI(あずみ)の最終話を振り返る
女剣士(刺客)としての運命を背負ったあずみを描いた長編漫画「AZUMI」の最終話を振り返った感想です。 一度、「あずみ」として完結している本作ですがそこから続編として「AZUMI」が連載されました。 舞台はちょうど幕末の頃。新撰組や坂本龍馬などが登場し、また一段と面白くなっています。 あずみのネタバレを多分に含む内容となりますのでネタバレがNGな人はご注意ください。それではどうぞ! AZUMI(あずみ)のあらすじ 前作の「あずみ」で異人とのハーフの人々が住む隠れ里で自分のルーツを確認したあずみ。 そして、その時に自分には双子の弟がいることを知ったあずみは刺客業の傍ら会いに行きます。 駿介という名の生き別れた双子の弟は養子として向家にもらわれ幸せな日々を過ごしていました。 最初は駿介を端から見ているだけでしたが、本人に自分が生き別れた姉であることを告げると駿介はぜひに家族に会わせたいと言い、駿介の家族もあずみのことを暖かく歓迎します。 駿介の家族は父・母・姉・祖父の5人暮らしで決して裕福とは言えない家庭でしたが、仲睦まじく幸せに暮らしていました。 あずみはそんな駿介の幸せな生活と表舞台での活躍を日々の糧としながら裏舞台での暗殺家業を行います。 あずみと龍馬の出会い 「AZUMI」では著者である小山ゆう先生の別作品「お〜い!龍馬」のクロスオーバーとして、坂本龍馬が登場します。 しかも、あずみが坂本龍馬に惚れてしまいます。 作中でも坂本龍馬は非常に魅力的な人物として描かれており、あずみに限らず駿介も坂本龍馬を尊敬し、志を同じくして活動します。 しかし、駿介や坂本龍馬の活動を反幕府体制の反乱分子として見なされ、幕府側の人間や新撰組に目を付けられます。 圭次郎の最後 駿介の幼馴染でもある圭次郎は新撰組に入隊します。つまり、駿介とは敵対する側になってしまったということ。 新撰組になってからもお互いの交流はあるのですが、次第に反幕府側への取り締まりが強くなり圭次郎は駿介を捕らえなければならなくなります。 しかし、圭次郎は駿介を見逃すわけですがそれを同僚に見られ新撰組で処罰を受けることになり切腹して自害します。 二刀流の使い手、壮太に破れる 「AZUMI」編でも様々な強敵に遭遇するのですが、後半部分で現れたのが壮太という二刀使いの青年です。