lyra4m.com
The Undertones / Teenage Kicks 和訳 解説 Get Excited! 青春万歳 | Mind You
若者の衝動。 それだけでキャッチコピーになりそう。 今日は、いつまでも若者気分でいられる曲であり、大人になっても昔の蒼い自分を思い出せる曲を紹介。 コンパクトに感情って表せるんだね。 今日Lyraが和訳&解説するのはアイルランド、ノーザン・デリー出身のバンド、The Undertones アンダー・トーンズ ( 1975 - 1983, 1999- 現在)。 北アイルランド、デリーで1975年にJohn ジョンと Damian ダミアンのO'neill オニール兄弟(2人ともGuitar )が、Vocalの Fegral Sharkey と出会ったのがきっかけで、友人の Michel Bradley マイケル・ブラッドリー(Bass)、Billy Doherty ビリー・ドハーティ (Drums)に声を掛けて結成。 スポンサーリンク[ad#go1] 元は、グラムロックやBob Dylan や Faces のカバーをやるバンドだったが、丁度、時代がPunkが席巻していたため、自作で曲を作るようになり、1978年北アイルランドのレーベルGood VibrationからEP『Teenage Kicks』をリリース。 BBCの人気DJの John Peel ジョン・ピールが彼らを大変気に入り、どこも彼らを相手にしなかったのに、自分の番組でオンエアするなど大プッシュ。 そのお陰でRamones ラモーンズがいたサイアーレコードと契約。1978年にメジャーデビューを果たす。 今日Lyraが和訳する曲は、John Peelが死ぬまでお気に入りだったと言う曲【Teenage Kicks】。 パンキッシュでありながら、ポップなところ、Fegral Sharkey のアイリッシュ・ソウル。 一時期流行った、メロディック・パンクに通じるコンパクトで乗れるサウンドを楽しんでください。 詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又、お話しましょう! (click to amazon↓ ↓ ) 1st Studio Album "The Undertones" クリックしてアマゾンへ ↓ ↓ (click to amazon ↓ ↓ ) "The Very Best Of The Undertones" クリックしてアマゾンへ ↓