lyra4m.com
羊たちの沈黙。ネタバレ感想!トラウマとジェンダーの闘い。The Silence Of The Lambs | Mind You
何回も見ているのに、久しぶりに又「羊たちの沈黙 」を見てしまいました。 有名過ぎる、天才であり精神異常者のレクター博士。 冷静に見るとこの映画は、「猟奇殺人事件と事件解決しようとするFBI訓練生の話」というより、「トラウマとの闘い=自己との闘い」であり「ジェンダーの確立の闘い」の話なのね。 スポンサーリンク[ad#go1] ハンニバルってカニバリズムの捩りかしら?っていつも思うのですが、、、。 根強い人気のこの「羊たちの沈黙」と言う映画は、近年「ハンニバル」というドラマにもなり、その異常性と何処かヨーロピアンな古典的な美しさがあるところや、おどろおどろしい不気味さが未だに愛され続けている(?)名作です。 『羊たちの沈黙』(The Silence of the Lambs)は、ジョナサン・デミ監督の1991年公開のアメリカ映画。 原作はトマス・ハリスの同名小説。 主演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス。 簡単に説明しちゃうと、連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描いているサスペンス・サイコスリラーです。 物語の主役である精神科医のレクター博士はアンソニー・ホプキンスが演じ、アカデミー主演男優賞を受賞。 (続編である『ハンニバル』でもホプキンスがレクター主演。) そして、FBI訓練生、クラリス・スターリングを演じたジョディ・フォスターもアカデミー主演女優賞を受賞。 第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞しており、アカデミー賞の主要5部門すべてを独占したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目です。 この映画は見る度、Lyraは、毎回ラストに話が近づくにつれて不快感がマックスになるんですが、(特に犯人が鏡を見ながら大音量で音楽をかけながら、化粧やピアスをして行くシーンが気持ち悪くて怖くて吐きそうになる。)その反面、不思議と鑑賞後のこの映画への印象が毎回コロコロ変わる面白い映画です。 Lyraのその時の気持ちによって変わってるだけかもしれませんが、今回は、また新たな発見がありました。 その解説は、あらすじの後に書いてありますので良かったら、合わせて読んで見て下さい。 =羊たちの沈黙あらすじ= カンザスシティ