lyra4m.com
【タクシードライバー】ネタバレ.レビュー!アメリカ社会の闇と病み.1970年代.妖しいSexyさが好き!You talkin' to me? | Mind You
Lyraは小学生の時に、この映画を見たんだけど、、、(小学生は、こんな怖いのを見ちゃいけません! ( ̄^ ̄)ゞ ) 人間の狂気に触れた気がしながらも、子供ながらに「セクシーな映画だな」と納得もした映画でした。 納得とは、「アメリカってこんな国だよな」ってこと。そして、アメリカの裏側とマーティン・スコセッシの映像の素晴らしさが、映画のテーマ曲に乗っかって私の頭を掻き乱した映画です。 スポンサーリンク 『タクシードライバー』Taxi Driverは、1976年公開のアメリカ映画。 アメリカン・ニューシネマの先駆けとなる映画であり、映画界にその名を轟かせる事になるマーティン・スコセッシ & ロバート・デ・ニーロの黄金コンビが始まった第1作目の作品で 制作会社はコロムビア映画。 監督はマーティン・スコセッシ。 脚本はポール・シュレイダー。 主演はロバート・デ・ニーロ、 他に当時大人気だったスーパーモデルのシビル・シェパード、 ハーヴェイ・カイテル、 ジョディ・フォスター 、 アルバート・ブルックス など。 第29回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。 公開日: 1976年9月18日 (日本) 監督: マーティン・スコセッシ 挿入歌: Theme From Taxi Driver 音楽: バーナード・ハーマン 衣装デザイン: ルース・モリー 1970年代のアメリカ、ニューヨーク。 ベトナム帰りの元海兵隊員トラヴィス・ビックル(ロバート・デ・ニーロ)はPTSDにより不眠症を患っていた。 小さなタクシー会社に採用されたトラヴィスはタクシードライバーとして街を走り始める。 盛り場の退廃ぶりに日々嫌悪を感じ、街中にいても暗い孤独のなかに沈むトラヴィスの神経は日々疲弊していく。 そんなある日、次期大統領候補パランタインの選挙事務所で見かけた女性ベッツィ(シビル・シェパード)に強く心魅かれたトラヴィスは彼女を強引にデートに誘い、生活も潤い始めるかと思っていたら、、。 タクシードライバー 40周年アニバーサリー・エディション(初回生産限定)【Blu-ray】 価格:4609円(税込、送料無料) (2017/4/12時点) 心を病んだ1人のタクシードライバーの内面の狂気と澱を描いた物語ですが、