lyra4m.com
Lover Man / Jimi Hendrix 和訳 解説 Lover Man! 一途な男 | Mind You
「ギタリストで1番好きな人は?」と良く聞かれるが、それはLyraには拷問に近い。 かなり迷う…1人には絞れないからだ。 辛うじて2人まで絞れるか? そう、1人はあの人で、もう1人はこの人。 今日はLyraが天才だと思っているギタリストの曲を2Versionで訳したから、違いを堪能してねん。 今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国 出身のミュージシャン、シンガーソングライターである James Marshall Hendrix ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(1942年11月27日 - 1970年9月18日)。 Jimi Hendrix ジミ・ヘンドリックスの名で世界中のロックファンに親しまれ、日本では「ジミヘン」として有名な天才ギタリストでもある。 スポンサーリンク[ad#go1] LyraにとってギタリストとしてのJimiはクリエイティブな演奏家であり、なお且つ、実験的なサウンドを追求して行った冒険家だと考えている。 右利き用ギターを逆さまにして左利きスタイルでプレイするのから、火をつけたり、歯で演奏するなど、見た目で人を驚かせることばかり取り上げられるが、 Jimiのギターサウンドの凄さ、一曲のクオリティの高さ、演奏力など真のギタリストとしての天才ぶりこそが、Jimi Hendrixの真骨頂なのである。 *Jimi Hendrix History などJimiの詳しい情報はこちらの過去記事で! 今日Lyraが和訳する曲は1969年ニューヨークでレコーディングされた曲【Here He Comes (Lover Man)】。 良くファンの間で【Lover Man】として呼ばれており、Lyraもいつもそう呼んで聴いている大好きな曲なの。 新しく出たコンピレーションアルバムだと【Lover Man】表記になっています。 Liveではワイト島など良くプレイされていたが、スタジオ盤として型にされたのは1997年のコンピレーション『South Saturn Delta』が初か?(ラストの方に収録されているアルバムを記載しておきました。参考にして下さい。) 詳しい解説はLyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう! (click to amazon ↓ ↓ ) "South Saturn Delta " (1997)