lyra4m.com
鉄製フライパン、スイト 使いやすい鉄フライパンとは? | Mind You
フライパンのテフロン加工が、買っては直ぐに、剥がれてしまう。1年持たないのもあって、嫌気がさして、長く持つ物をと、「スイト、使いやすい鉄フライパン」なる物を買ってしまいました。[ad#go4] いつもは軽いIH対応のフライパンを使ってきました。 そのせいか、何か重く感じます。鉄製は重いとわかっていたから26〜28cmが欲しかったけど、わざと24cmにしたんですが。慣れてないからかな? 鉄製フライパンは、焼き付けをしなくてはいけません。 シリコン材などで、錆びないように加工されているのを取るためもありますが、長く持たせるために、やらなくちゃいけない行程です。 スポンサーリンク[ad#go1] でも、今日買ったのは、その処理を製造元がやってくれてるフライパンなんで、しなくて良いんです! 本当は、ガスの火に掛けて強火で焼きをつけたり、IHなどは、カセットコンロか、ハンドタイプのガスバーナーがあれば、それを使い火であぶります。 そうやって行くとフライパンに焦げ目がついて行き、黒くなれば下準備が出来上がり! と、なるんですが、私はそれが面倒だから、それをしてあるものを購入。 だから初めから焼きムラがありました。 説明書と一緒に注意事項の紙が入っていました。 藤田金属株式会社が製造元らしい。 ーー 錆にくく、こびりつきにくい「ハードテンバー加工」。 ひとつひとつ職人が丁寧に仕上げた一品です。ーー と、書いてあります。 職人さんが、本当にやってるのかな? 日本製らしいから、安心だから決めたんですが、職人さんがやってくれたなら、この焼きムラが嬉しい気になりました。 ムラが出来出るのは知ってましたが、パッケージの説明書が入ってて、丁度見えなくて、開けて、ギョッと、一瞬びびったから。 その説明書。開けてみると、初めは油慣らしをしないといけないと書いてます。 =油慣らし方法= 1.ガスコンロの場合、ガス火で、フライパンを熱します。 中火以下で、底辺から炎がでないように注意する。 2.大さじ4〜5杯の油を回し入れ、全体に行き渡るまでゆっくりフライパンを回す。 3.全体が黒っぽく変色したら、火を止め余分な油をオイルポットに戻し、コンロの上でゆっくり冷却。 4.キッチンペーパーで内側をまんべんなく油がなじむようにふく。 しばらく使わない時は、その外側にも同様に軽く拭いてください。