lyra4m.com
キャスターオイル(ひまし油)の万能薬ぶり!効能と使い方を紹介!Heritage Store,The Palma Christi,Castor Oil | Mind You
オイル好きなLyraです。 前にお話したスウィートアーモンドが初心者コースならば、こちらは上級者向け。 そんなオーガニックなオイルを紹介します。 使い方さえコツが掴めれば、万能薬になります。 スポンサーリンク[ad#go1] 万能薬になるオイルは、キャスターオイル(ひまし油)です。 その中でも、使いやすくお手頃価格で品質が良いキャスターオイル、 Heritage Products, トウゴマ(The Palma Christi), ヒマシ油, 8液量オンス(240 ml) を紹介したいと思います。 アロマオイルが好きな方ならば、「キャスターオイル」と言う名前を聞いたことがあると思いますし、実際に使ってオリジナルオイルを作っている方もいるでしょう。 日本では「ひまし油」と呼ばれ、昔から家庭療法に使われて来たオイルです。 キャスターオイル=ひまし油とは? 少し、「キャスターオイル=ひまし油」について説明しておきますね。 ひまし油(ひましあぶら、ひましゆ、蓖麻子油)は、トウダイグサ科のトウゴマの種子から採取する植物油の一種。 昔から、工業原料や医薬として使われて来ました。 成分は、 リシノール酸 85%~90% (ω9系) オレイン酸 2%~6% リノール酸 1%~5% リノレン酸 0.5%~1% ステアリン酸(飽和脂肪酸) 0.5%~1% パルミチン酸(飽和脂肪酸) 0.5%~1% ジヒドロキシステアリン酸 0.3%~0.5% その他 0.2%~0.5% この中で、ひまし油の最大の特長とも言えるのは「リシノール酸」です。 このリシノール酸は、キャスターオイル(ひまし油)以外に、多く含まれる植物オイルはなく、この90%もリシノール酸が占めるというのが、キャスターオイル(ひまし油)が特別なオイルとして使われて来た所以なのです。 このリシノール酸により、キャスターオイル(ひまし油)は鎮痛剤や抗炎症剤として効果を発揮します。 ●工業用 その優れた性状と潤滑性から初期の航空機用エンジンの潤滑油として使用される事が多かったが、エンジンの高出力化と熱と酸化への安定性の不足から第二次世界大戦の頃には航空機用にも使われていたほど。 現代では短時間でそのつど交換するレース用エンジンオイルやラジコン用のグロー燃料(オイルとして配合)などで使用されているそうです。