lovedogs.jp
KING OF KINGS NACHO | Amores Perros
突然のお別れ 2018年12月31日、大晦日の朝、ナチョが他界しました。正確な誕生日はわからないのですが、保護時の年齢は確定していたので10歳〜11歳のあいだです。若い。そしてわが家に来てまだ1年。あまりにも早すぎる別れです。 ナチョが保護されたのは2017年8月(当時9歳)。わが家でトライアルがはじまったのが2017年12月。トライアルといっても、はじめて出会った9月の譲渡会で心撃ち抜かれ、満を持してトライアルの申込みをし、正式譲渡を決めてのトライアルスタートでした。 ナチョについて 過去記事にもありますとおり、ナチョは口が出る(噛む)子でした。しかし、もともと賢く愛情深い気質の子。毎日の積み重ねで、驚くほど短期間で表情、体つき、毛並み、行動、すべてが変化し、そして、その安定した心と体でわたしとともに、不安を抱えやすい繊細な気質のラナをサポートしてくれるまでになっていました。 「口がでる(噛む)」「うなる」「吠える」ことから、「チワワはそういう子、多いよね(そのまま受け入れよう、あるいは主従関係をハッキリさせて従わせよう)」と言う方もいますが、チワワだから噛む、うなる、吠える、ということはありません。全てに理由があることで、生きてきた経験から(あるいは経験不足から)そのような行動になることが多いです(遺伝的な気質が関わってくることもありますが)。 様々な理由から起こる人間側からみた「犬の問題行動」に対し、力や暴力を用いるのは絶対に間違っている。その想いでナチョと接してきました。ナチョは本当に"気"の強い犬でした。それはめちゃくちゃ褒め言葉としてです。誇り高く気高い。 人間が問題行動というような行動をする犬のことを、バカ犬呼ばわりする人も多いですが、本来そういう犬はバカ犬とは程遠い知性と気性を併せもつ犬です。どういう行動をすれば人に殴られず済むのか、音で脅されずに済むのか、そんなことはとっくにわかってる。個性を無視し、尊厳をないがしろにする人に対し、自らの意志を伝えるため、胸を張って生きているだけです。