lovedogs.jp
それぞれの心臓病、いままでとこれから | Amores Perros
わが家の犬たち ケーススタディ さくら(柴犬) さくらは実家にいた柴犬です。 近所で産まれた仔犬で、未熟児で産まれたため、ほかの兄妹たちより体がちいさく、成長の遅い仔犬でした。 若いころに心臓病を発症し、散歩中に座り込む、時折発作を起こして意識を失うといったこともありました。当時(昭和50年代)は今とちがって心臓の検査種類も少なく、よい治療薬もありませんでしたので、発作を起こしたときに飲ませるお薬しかもらっていませんでした。 あまり長生きはできないかもしれないと言われていたのですが、生来もちあわせていた穏やかな性格が安静を保つという点で幸いしたのか、なんなのか、理由はわかりません。 結果からいいますと、心臓病とはまったく関係なく、18歳を目前にした17歳11ヶ月のときに、老衰で他界しました。 チコ(チワワ) とびきりの健康優良児だったチコ。特になんの不安も持たず、狂犬病ワクチンを打つためにかかりつけの病院に行った2012年5月、いつものように聴診器をあてた先生が「ん?」と首をかしげ、もうひとりの先生(循環器の専門医)に、ちょっと音聴いてみてと聴診器を渡したときのこと、よく覚えています。心雑音のレベルも、極々微弱な雑音だったようで、かなり注意深く聴いていました。聴診する先生によっては"心雑音なし"とされることもあるレベル。 心雑音レベルを分けるとこのような感じになります。このときチコはレベルI。 微弱な雑音で、注意深い雑音でのみ聴取できるもの。聴音持続の確認が必要である。 聴診器を当てた途端に聴くことが出来るが、弱い雑音 中等度の雑音で、明瞭に聴取できる。 III度とは異なり、耳に近く聞こえる強い雑音。 聴診器を胸壁から離すと聞こえないが、聴診器で聴く最も強い雑音。 遠隔雑音で、聴診器無しでも聴くことが出来る はじめて雑音が確認されたとき、あわせて他の検査もしました。自覚症状(疲れやすい、散歩中に座り込む、咳等)もなければ、心電図、血圧、カラードップラーエコー、レントゲン検査の結果でも「まだお薬ははじめなくていいね」という程度。問題の箇所は僧帽弁と大動脈弁の閉鎖不全です。 そこからは、3ヶ月に1度は上記の検査をしていました。 はじめての検査から1年後に、検査上、すこし進行があったかもということで、ACE阻害薬(エースワーカー)の投薬がはじまりました。