lovedogs.jp
ペットフード | Amores Perros
最初にペットフードとして販売されたのはドッグフードで、1860年にイギリス在住のアメリカ人によってでした。当初は便利さや経済性を優先した低品質のものでしたが、後に栄養学の発達に伴い品質も大きく向上しました。現在では選択肢の多さに迷う飼い主も多いのではないでしょうか。ペットフードについて基本的な情報を知り、愛犬に適した食事を選んであげたいですね。以下、すでにご存じの方も多いとはおもいますが、ペットフードの種類やラベルの読み方、添加物などについて記載します。 ペットフードの種類 ドライフード:水分含有率は一般的に6〜10%。カロリー濃度はそのフードを構成する原材料の質や配合バランスによる。水分含有率が少ないため腐敗しにくい。 セミモイストフード:水分含有率は15〜30%。水分が多いも関わらず缶詰のように密封されていないので必然的に添加物の含有量が多くなり消費期限が長い。オーナーの関心をひくために着色した商品も多く、お勧めできないフード。 缶詰フード:水分含有率は約75%。タンパク質源に大豆粉を使用し、それに着色して肉様にみせた商品では代謝エネルギーが低い。通常ドライフードよりも嗜好性が高いが自由採食には不向き。 ラベルをしっかり読もう 原材料はなにか、よくわからない材料はありませんか? 良質な商品は主要材料だけでなくビタミン・ミネラル・添加物に至るまできちんと表示してあります。また、主要材料は「肉類」「副産物」「ミートミール」などの表記ではなく、チキン、ラム、ビーフ、ベニソンなどと明確に表示されていることが重要です。副産物と表示されているものには動物の筋肉や脂肪以外の部分(毛やくちばしなど)いわゆる"カス"が含まれている可能性が非常に高いです。ミートミールなども同様で、消化が悪くほとんど吸収されないまま、便となって排出されてしまいます。 栄養構成の主体はなにか ドライフードは主要原材料の最初から3番目まで、缶詰は2番目まで、その部分に動物性タンパク質が入っているものがおすすめです。また、同じ動物性タンパク質でも「チキンミール」より「鶏肉」と表示されているもののほうが生物価が高い素材と考えられます。 合成添加物はなにか