lovedogs.jp
末代まで犬飼ふべからず | Amores Perros
さまざまな思いを心の奥深くにかかえ、今年も8月15日をむかえた方がいらっしゃると思います。8月15日は敗戦の日でもありますが、お盆ですもんね。Día de los Muertos、死者の日。 わたしも亡くなった人や犬たちのことはお盆に限らずなにかにつけていつでも思いをはせますが、やはりこの時期はふだんよりたくさん考えます。お盆前後は夢に現れることも多いですね。もちろん、戦争についても、いつもより多くのことを考える時期です。 さて、タイトルの"末代まで犬飼ふべからず"について。敗戦直後の昭和21年に、「動物文学」の会員であった森永義一先生が発表した記事の最後に書かれていた文章です。 お国のために徹底的な節制生活が奨励され、隣近所や町内で監視しあう時代。それはモノだけに留まらず、個人の思想や、各家庭で可愛がっていた犬猫にまで及びます。ヒステリックで同調圧力の強い世の中、ほんのすこし想像しただけでも息がつまります。 議員のなかには犬猫不要論を主張する人もいました。 もう一点、これは軍に直接関係のあるものでありますから、陸軍大臣にうかがっておきます。この議会におきまして過日来飼料の問題が大分論じられています。これは戦争中どこの国でもあることでありまして、現に陸軍でもご調査はありましょうが、独逸などではこの前の欧州大戦中犬猫を殆ど殺してしまった。これはただ物を食ってだして益するところがない。(中略)食うものがなくて困っている。そういう際に犬猫を撲殺することに陸軍が努力したらどうか。(中略)軍用犬以外の犬猫は全部殺してしまう。そうすれば、皮は出る、飼料はうんと助かります(後略) 1940年2月23日 第75回帝国議会衆議院予算委員会 会議録/北 昤吉(きた れいきち)議員発言 – 犬の現代史(今川勲著/現代書館) 戦時中、動物の命も人の命も同等に考え、犬や猫を家族とおもって暮らしていた人たちにとって、この時代の空気は非常に厳しいものであったと想像に難くありません。 人間の食べ物さえなかなか手に入らない状況で、前述の森永先生は2頭の柴犬と暮らしていました。