lovedogs.jp
Forever POW | Amores Perros
大切な大切な、かわいい大好きなパウ、2011年6月26日、日曜日、他界しました。 毎年うけている生化学検査の結果は今年も良好、元気も食欲もあるし機嫌もいい、だけどなんだか胸がざわざわして、もやもやっとしたものを感じた4月。2回目の診察までは「どこも問題ないよー」と言われ、それでももやもやした不安な気持ちがぬぐえず受けた3回目の診察で心嚢水の貯留が発覚。 5月6日に大学病院を受診し、「心臓血管肉腫」「ざっくりと余命は3ヶ月程度」「最終的には多臓器不全または心タンポナーデによる突然死」という診断を受け、心嚢水穿刺しました。パウは実は我が家の3匹でいちばん健康優良児でした。アニコムも12歳になるまで殆ど使わなかった子です。それがいきなりの、そして余りにも短い余命宣告、本当に驚きましたし、苦しかった。 しかしその2週間後には心臓血管肉腫と思われていたものは消え、最期の日まで、ふたたび腫瘍らしきものが現れることも、心嚢水が貯まることもなく、心音、エコーでの心臓の動き、心電図、心拍数など、すべての心機能は問題なく機能していました。 「なんだったんだろうね、でもこのままなにもないといいね、人騒がせなパウだねってずっと笑って過ごせるといいね」 なんて話していた6月3日。パウ自身はいつもどおりいたって元気でしたが、突然おなかに紫斑が現れました。特発性血小板減少性紫斑病が疑われるとのことで、血小板の数値を検査、21万(正常値内)ありました。その後数日間は誤差の範囲内で正常値。6月8日ごろ突然10万にまで下がり、ステロイド治療を開始することに。6月10日にはいったん正常値近く(16万)まで戻った血小板の数値、そして、おなかの紫斑も消えました。このままどんどん回復することを願っていましたが、別の検査では飼い主の期待とはまったく逆の数字が出てしまい、DIC(播種性血管内凝固症候群)と診断されました。